ランニングで大事なのはひとそれぞれベストな走り方が違うこと

ランニングで大事なのはひとそれぞれベストな走り方が違うこと

ランニングで大事なのはひとそれぞれベストな走り方が違うこと ランニングをする場合は長距離を走ることになるので短距離走とは違って走る人の特徴が出やすい種目の1つであるともいえます。そのランニングをする場合はこのように走る人の特徴が出やすくかつ体力を消耗する種目でありますので人それぞれベストな走り方を研究して模索する必要があります。さてこの走りをする際に最も注意をしておかないとならないのは走る人自身だけでなく、それを教える側にあるともいえます。その教え方を間違えるとベストな走り方をできないままで終わってしまうのです。

さてそのランニングをする際の教え方ですが、ここで1つ大事なのは同じ考えをすべての人に教えてはならないということです。教わる側は教える人と同じではないということです。それは体力の差もあるし思考の違いもあります。例えば教えている人が先行逃げ切り型のタイプの人だった場合、同じく先行逃げ切り型を得意とする走者には有効な教え方かもしれません。ですが体力がなくて後半追い上げ型のほうがしっくりいくタイプの走者だとこれはうまくいきません。もし同じように教えたら後半追い上げ型の走者は途中で体力を消耗しすぎてベストな記録を残せないのです。なので教え方はひとそれぞれ走り方が違うことを見つけ出してその人に最適な教え方を考えなければならないのです。